frpの防水層を設置して強度の高い雨漏り対策をしよう

一軒家

住宅の質と美しさを保つ

塗装

長年生活をしていると住宅の様々なところに劣化が出てきます。そういった住宅の劣化を補修したり、守ってくれたりするのが外壁塗装の工事です。見た目的にもおしゃれになりますし、機能的にも便利な点が多いのです。

» 詳細へ

電力の節約に有効

住宅

蓄電池というシステムを家庭に搭載することでメリットが大変増えます。蓄電池は、普段使う電気を必要な分だけ使って無駄を排出しない方法です。使用することで電気代の節約にも繋がり、緊急時も電気を使えて便利なのです。

» 詳細へ

症例と工事の流れ

塗装作業

見た目の綺麗さや保護性を考えて外壁塗装工事を行う人は増えてきています。外壁塗装工事を依頼する場合は自身の住宅の問題をきちんと解決してくれる業者選びとり料金プランを提供してくれる業者に頼みましょう。

» 詳細へ

質の良い素材

スーツの女性

雨漏りの被害に見舞われている住宅は数多く存在することでしょう。住宅の雨漏りを防ぐために役立つのがfrp防水というものです。frp防水とは、雨漏りを防ぐ防水層の名称で防水用のポリエステル性質の樹脂と防水用のガラスマットで構成されたものです。このfrpとは、繊維強化プラスチックスの略のことです。frpは衝撃などに耐えられる性質が高く、また耐水性や成型性もあることから防水層に非常に適した成分なのです。他の防水層のものとは比べものにならないくらい強度が抜群で、様々な衝撃を受けても頑丈です。frpはこの強度の高さから防水材としては最高レベルのものであるといえます。住宅の防水層としてだけではなく、frpはボートや自転車のボディーパーツ、ヘルメットや太陽光発電で使う基礎架台などにも幅広い分野で活用されているのです。

frp防水を設置するときは、まずプライマーと呼ばれる接着剤を塗装していきます。このプライマーが乾くのを待ちます。乾いた後の立上り面に防水用のポリエステル樹脂を塗っていき、その上から防水用のガラスマットを貼り付けていきます。貼り付けたガラスマットの上からまたポリエステル樹脂を塗っていき、ガラスマットとしっかり合わせていきます。ガラスマットとポリエステル樹脂がしっかり合わさったら、専用のローラーを使用して泡を取り除く作業に入ります。この気泡が防水層に残ると劣化や水漏れの原因になってしまいますので、きちんと泡を取り除くことが大事です。泡を取り除いたら、今度は床面のほうに防水用ポリエステル樹脂を塗っていき、またその上から防水用ガラスマットを貼り付けていきます。また二つを組み合わせる作業を行い、脱法も完了したら研磨紙などで防水層の表面に細かい傷を付けていきます。表面に傷をつけることで上から塗るトップコートとの馴染みが良くなります。そのあとは、溶剤の拭き取りを行いトップコートを塗って完成になります。